パソコンのデュアルチャネルって?

デュアルチャネルとは、メモリを2枚同時に接続することによって、データの転送速度を増加させる構造を指します。
例えば、メモリがそれぞれ64ビットのデータチャネルを使用していた場合、デュアルチャンネルでは合計で128ビットのデータをメモリからCPUへ転送することができるようになります。
また、使用する2枚のメモリの容量や転送速度が全く同じでないと正常に動作しません。
尚、デュアルチャネルに対して、メモリ1枚を接続する方式をシングルチャネルと呼ぶ場合もあるようです。
ただし、既設のメモリとデュアルチャネル動作するスロットに新規のメモリを増設すると、デュアルチャネル動作が正常に行なわれず、誤動作するケースが稀にあるようです。