控除についての住宅ローン借り換え相談

住宅ローン借り換え相談をするときに気になるのは、控除が受けられるのかどうかですよね。
住宅ローンを借り換えたあとの返済期間短い場合など、条件によっては控除が受けられなくなるケースもあるようです。
原則としては、新築や購入の際に借り入れたローンに対しての控除となりますから、リフォーム代も併せて借り入れしたり、使途が不明確になる場合には控除対象から外れる可能性が出てきます。
しかし、国税庁のホームページによれば、「1新しい住宅ローン等が当初の住宅ローン等の返済のためのものであることが明らかであること。
」「2新しい住宅ローン等が10年以上の償還期間であることなど住宅借入金等特別控除の対象となる要件に当てはまること。
」としています.