国民年金基金と遺族って?

前回の続きですが、その人の収入でみんな暮らしているとか、経済的にその人に頼っていると言うことになります。
この条件では、国民年金基金の担当者から「同居、扶養、生活費の負担が必須条件ではない」と言う情報を得た人もいると思います。
せっかくお金を払い続けるので、もしもの時は身内にお金が渡って欲しいと思いますよね。
(笑顔)。
その点から考えると、「国民年金基金」でも、「確定拠出年金」でも同じですが、「確定拠出年金」については、企業型と個人型があります。
掛け金は限度額が決まっていると言うことです。
また、運用商品は個人が決定でいきることからと言うことで、「確定拠出年金」も人気があります。
(笑顔)それで、こちらの年金も検討する方が多いと言えます。
そんな問題があります。
年金を「掛け捨てている」という感覚を持っている人と、持っていない人がいます。
そんな疑問に思うことも差があると言うことですね。
(汗)。
ずっと年金を払ってきたと言うことで、老後もらえると思う人もいます。
せっかく払い続けてきたのに、もし、もらう前に死亡しだらと言う人もいる事でしょう。
(汗)(汗)このように、心配もさまざまですよね。
遺族にお金を残したい気持ちがある人は、それぞれの加入している年金に、遺族がもらえるお金について確認してみてください。
(笑顔)
ほけんの窓口相談に持っていくものは?個人情報心配【保険証書必要?】